現在当社では耐震診断を実施しています(*精密診断)。 
現在住んでいらっしゃる家に不安がある場合は、ぜひご相談ください!

どんな家が耐震診断が必要なのか?

Q 昭和56年5月末日以前に建設された住宅にお住まいですか?

・耐力壁〈筋交い)が不足している可能性があります。
・接合部が弱くホールダウン金物(接合金物)が付いていません。
小さな地震でも建物が大きく偏って
揺れる為倒壊してしまいます。
お見積もりはコチラから

Q 平成12年6月以前に建設された住宅にお住まいですか?

・接合部が弱くホールダウン金物(接合金物)が付いていません
地震の揺れによって柱が引き抜かれ
倒壊してしまいます。
お見積もりはコチラから

図面通りに建てられていれば地震の心配はない住宅です!

耐震補強の流れ

日本住宅性能調査協会の住宅性能評価士による耐震診断です。

現地調査

・専門の調査員が現地にお伺いして、新しい耐震診断法に基づく調査票を使用して、建物の細部について目視調査いたします・地盤・基礎の状態、外壁・屋根等の仕様、劣化度等について外部調査をします。
・一階の天井裏、二階の屋根裏、床下等から内壁・床・筋交い・接合部の仕事等について内部調査をします。

報告書作成

・現地調査表を基に、新しい耐震診断法に対応した診断計算ソフト(HOUSE-DOC)を使用して、
診断報告書の作成を行います。
・診断報告書の評価で悪い部分がある場合、それを補うための適正な補強計画書が作成されます。 

結果報告

診断報告書、補強計画書については、お客様のご都合に合わせて詳しいご説明にお伺いいたします。

HOUSE-DOCとは?
HOUSE DOGは、木造建築物の耐震判断を行うプログラムです。「木造住宅の耐震診断と補強方法」(2004年7月(財)日本建築防災協会発行に基づいた計算を行います。所在地・地盤・建物の形状など、必要とされる強さを計算するためのデータと、基礎の仕様と健全度・壁の仕様と配置、床の仕様と範囲など、建物の強さを計算するためのデータで耐震性を評価します。

お見積もりはコチラから

耐震診断・補強工事のお見積りはをご希望の方はお電話でご連絡頂くか、
メールフォームまでお気軽にどうぞ。