現在新築中   

2013.7月 名古屋市緑区 O様邸 新築のお打合わせ

  木造・2階建ての新築工事をしていきます。
現場の進行様子を、分かり易く見て頂けるようにレポートしています!

【工事前】
敷地内をブロックで囲っていきます。

O様邸の新築工事をさせて頂くことになりました。
敷地50坪・建坪31坪(木造・2階建て)の予定です。

心を込めて、O様ご家族の幸せのお手伝い!をさせて頂きます。

【新築プラン】
ご希望の間取りを伺い、平面図・立面図・外観図などの
プランを3パターンご提案させて頂きました。

O様のご希望に沿えるよう、何度も何度もお打合せを重ねていきます。

2012.1月 知多郡武豊町 T様邸 解体工事はじまりです!

  重量鉄骨・3階建て・二世帯住宅(完全分離型)を建設中です。
現場の進行様子を、分かり易く見て頂けるようにレポートしています!

【解体前】
解体前の建物です。

  

【T様ご家族とのお打合せ】
T様ご家族の希望を伺い、
何度も打ち合わせを重ねていきます。

【地盤調査結果】
建て替え前に、地盤の
ボーリング調査をしました。
そのボーリング調査の
結果サンプルです。

 

【解体工事スタート】

【解体工事中】

お施主様の仮住まいへのお引っ越しも済んで、
いよいよ解体工事のスタートです!

【解体工事完了】
解体工事も完了し、更地になりました。

2012.2月 知多郡武豊町 T様邸 基礎工事しました! 

↓地面から約2m掘り下げ、基礎のベースとなるラップルコンクリート部の掘削中です。

【基礎工事中】

↓基礎のベースとなるラップルコンクリート工事中です。
ポンプ車を使って、深さ約2mから1mの間にコンクリートを流し込みます。

【基礎工事中】
〜ラップルコンクリート〜

↓ラップルコンクリートの上に、地中梁となる鉄筋を組んでいきます。 

【基礎工事中】
〜配筋工事中〜

【基礎工事中】
〜地中梁型枠コンクリート〜

↓型枠を外して、基礎が出来上がりました。

【基礎工事完成】

↓基礎部分の土を埋戻します。

【埋戻し】

↓埋め戻した土の上から、砕石を敷きました。

【基礎部分完了】

土間コンクリートは、建物が完成した後鉄筋を入れて、最後に仕上げます。

20120.3月 知多郡武豊町 T様邸 超音波検査実施

↓いよいよ鉄骨工事が始まります!
鉄骨屋さんの工場には、主軸となる250角の柱が並べられていました。

【鉄骨工事】

【鉄骨工事】

↓超音波検査中です。
鉄骨の超音波検査に、弊社社長の櫻庭が立ち会いました(*^_^*)

【鉄骨超音波検査中】

【鉄骨超音波検査中】

2012.3.21 知多郡武豊町 T様邸 鉄骨工事スタート!

↓さあ、鉄骨工事のスタートです。
鉄骨材料の搬入です!

【鉄骨工事】

↓重機を使って、鉄骨の柱が建てられていきます。

【鉄骨工事】

【鉄骨工事】

↓一日でほぼ鉄骨の骨組みが建ちました!

     【鉄骨工事】

     【鉄骨工事】
     1階から2階に上がる鉄骨の階段が取り付けられました。

↓2・3階の床にデッキ材が敷かれました。

【鉄骨工事】

【鉄骨工事】

↓仮設足場を組み、壁の下地となるC型鋼が取り付けられていきます。

【鉄骨工事】

【鉄骨工事】
仮設足場が完了し、養生ネットが張られました。

【鉄骨工事】 

2階と3階の床にコンクリートを打ちました。

2階床 土間コンクリート

     鉄骨階段コンクリート下地

屋根下地工事開始

鉄骨工事が完成し、次は屋根工事です。
屋根は「ガルバリウム鋼板瓦棒葺き仕上げ(シルバー)」です。

↓まず、屋根の下地に12mmの構造用合板を張ります。 
また、屋根立上り部分のパラペットにも構造用合板を張りました。

屋根工事(ガルバリウム鋼板瓦棒葺き)
  @下地構造用合板張り



↓構造用合板の上に断熱材(カネライト)を張り、断熱材の間に
ルーフィングを張るための下地ドウブチを打ちます。

屋根工事(ガルバリウム鋼板瓦棒葺き)
  A下地断熱材(カネライト)



↓断熱材の上から防水のルーフィングを張ります。 

屋根工事(ガルバリウム鋼板瓦棒葺き)
  Bルーフィング張り



↓ルーフィングの上に、ガルバリウム鋼板瓦棒葺きで仕上げます。
屋根の色は、熱を反射しやすいシルバーにしました。
片流れの屋根で、材料1枚がつなぎ目無しで約13mもの長さでしたので、
クレーン車を使って材料を屋根に揚げました。 

屋根工事(ガルバリウム鋼板瓦棒葺き) C瓦棒本体シルバー色
  



↓屋根立上り部のパラペット上部にルーフィングを巻き込み、
さらに壁側立上り最上部の角に、防水テープを張りました。
さらにその上に、透湿通気シートを張って下地は完成です。 

 屋根工事(ガルバリウム鋼板瓦棒葺き) Dパラペット部

サッシ・外壁下地工事

3階から屋根下地の構造用合板を
張った状態が見えます。

サッシの取付が始まります。
サッシ取付部のC型鋼に、
木下地を4方に打ちます。

木下地にサッシ枠を取り付けました。

  【外部方向】
サッシ枠を取り付けた状態です。

ガラスルーバーサッシ取付。

サッシ取付後の、外壁下地工事です。
横桟の鉄骨C型鋼に、ヒノキの
ドウブチ下地を打ちました。

下地ドウブチに、防火のためのプラスターボード(12.5mm)を張っていきます。

【内部方向】
プラスターボードを張った状態です。

【3階内部方向】
プラスターボードを張った状態です。

外壁の下地工事と並行して、
床の下地工事も始まりました。
土間コンクリートの上に、
45mmの厚みの木下地を
910mmピッチで張っていきます。

木下地の間に、床断熱材
(カネライト 40mm)を入れます。

断熱材を入れたあと、構造用合板
(24mm)を張っていきます。

床断熱材(40mm)と構造用合板(24mm)。

玄関部分を残して床下地の完成です。

3階に上がる玄関ドア(正面)と、2階の玄関引戸(右側)が取り付けられました。

2階の玄関引戸が取り付けられました。

2012.4.22 知多郡武豊町 T様邸 間仕切り壁の下地の柱と、間柱の造作工事中(動画)

2012.5.5 職人さんご紹介!

【マツオ建築 松尾さん】 

現在新築中の棟梁をご紹介します。
マツオ建築の通称「まっちゃん」です。そして、息子さんの「豊くん」です。
とても優しい人柄で、丁寧・仕事が早い!大工さんです。
お施主様からも信頼され人気者です。
親子二代で大工なんですごいですね!

   【板金工事 山内板金 山内さん】

現在新築中の外壁工事をしている、山内板金の通称「やまちゃん」です。
ガルバリウム鋼板を張っております!
丁寧な仕事で、とても明るいやまちゃんです。
カメラを向けると、すぐ笑顔になってくれます(#^.^#)

バルコニー防水工事 2階、3階のバルコニーを「FRP防水」で仕上げます。

バルコニーの立ち上がりと掃き出しサッシの下部まで、FRP防水で仕上げます。

FRP防水 壁立ち上がり

FRP防水 ドレン廻り

外壁ガルバリウム鋼板張り工事 

外壁ガルバリウム鋼板張り工事 
↑サッシ廻りには、防水テープを4方に貼ります。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑ドウブチ下地にPB(プラスターボード)厚み12.5mmを張り、PBの上から透湿防水シート張ります。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑道路側の両サイドは、アクセントを付けるために色を変えてツートンのラインにしました。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑横幕板部分もツートンにしました。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑外壁最上部の雨樋金具を取り付けました。
また、木部が露出しないように雨樋金具が付く部分にも平板のガルバリウム鋼板を張りました。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑外壁最上部のパラペットに、アルミ製の笠木を取り付けました。

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑外壁最上部のパラペットに、アルミ製の笠木を取り付けました(屋根側)

外壁ガルバリウム鋼板張り工事
↑養生ネットを外して、外壁全体が仕上がってきました。

ユニットバス工事 INAX(LIXIL)ラ・バスKタイプ 1616 階上用

INAX(LIXIL)ラ・バスKタイプ 1616 階上用 

INAX(LIXIL)ラ・バスKタイプ 1616 階上用 

INAX(LIXIL)ラ・バスKタイプ 1616 階上用 

INAX(LIXIL)ラ・バスKタイプ 1616 階上用  

大工工事 壁・天井下地木工事

床の下地工事が終わり、サッシの取付後、壁と天井の下地を造っていきます。

間仕切り壁の下地工事。

天井に断熱材@100を入れました。 

壁に断熱材@75を入れました 

建具の枠を取り付けて、プラスターボードを張っていきます。
天井は9.5mm、壁は12.5mmを張ります。 

2階から3階に上がる階段です。 

2階から3階に上がる階段です。 

2階リビング 壁・天井のボード張りが完了して、建具を取り付けました。

3階洋室 壁・天井のボード張りが完了して、建具を取り付けました。
次はクロス貼りです! 

屋上点検口ハッチ取付

3階から屋根に出られるように、屋上点検用ハッチを取り付けました。ステンレス製で開け閉めしやすいダンパータイプの商品を取り付けました。3階バルコニーの天井に天井点検口を取り付け、さらに屋根に点検口ハッチの大きさにあわせて開口を作り、瓦棒屋根の上から下地をかさ上げしてハッチを取り付けました。

↑3階バルコニーの上部に、点検ハッチの大きさにあわせて開口を作り、立ち上がり部と内部に屋根と同色のガルバリウム板を張ります。

屋根点検用屋上ハッチ 完成。  

屋根点検用屋上ハッチ 完成。 

大工工事 1階天井ケイカル板張り工事

1階天井部 木下地でケイカル板(正式には珪酸カルシウム板と言います)を張っていきます。
また、同時に天井裏には100mmの断熱材も入れていきます。

1階天井部 厚さ100mmの断熱材+ケイカル板

1階天井部 天井が仕上がりました。あとは、防カビ系の塗装で仕上げて完成です。